むし歯危険度テスト
唾液検査と問診(食生活、歯の検診など)によって、あなたの本当の虫歯の原因がわかります。


歯磨きをしっかりしているのになぜ虫歯ができるの?
歯磨きをあんまりしていないのに虫歯が出来ないのはなぜ?
虫歯の原因は1つではありません。
唾液検査と問診(食生活、歯の検診など)によってあなたの本当の虫歯の原因がわかります。 原因が違えば、予防法も違います。1人1人にあった、予防法を指導させていただきます。

少し前までは「ムシ歯=歯磨きをしない・甘いものを良く食べる」と言われていました。 現在ではムシ歯になる原因は、前述したような単純な理由ではないということが分かってきました。ムシ歯の発症や進行に関与する要因というのは1つや2つではなく、実に幾つもの要因が複雑に絡みあっているのです。実際、ムシ歯が発症するリスクは生活習慣などの違いから、ひとりひとり全く異なります。従って、ひとりひとり異なるその要因を突き止め、改善すべき点を把握した上で、「効率よくマトを得たムシ歯予防」を行っていくことが大切です。カリエスリスク(ムシ歯の危険要因)テストは、ひとりひとりの異なるリスクに対応した予防プログラムを立てる上で非常に効率的なテストなのです。

虫歯予防に役立てるため唾液を調べます

唾液検査からいったいどんなことがわかるのでしょうか?
1) ミュータンス菌(虫歯の原因菌)の量がわかります。
ミュータンス菌は母から子へ母子感染すると知られてもいます。
2) 唾液の緩衝能(口の中が酸性になり、中性の戻そうとする力)がわかります。
緩衝能が高いほど歯が菌の出す酸によって溶かされる時間が短いため、虫歯になりにくいのです。

検査自体は30分程です。専用のガムを5分程咬んでもらって唾液を採取します。 以上のことを調べることによって、リスクの高いと思われる項目については、フッ素やキシリトール、食事指導、口の中の詰め物のやり直しや、歯の磨き方、専門的な歯のクリーニング(PMTC)・・・・など。1人1人にあった予防プランを指導させていただきます。

チャート例

※八角形の大きさが小さいほど危険!

自分の口内が、虫歯や歯周病になりやすい状況か調べるもの。虫歯の原因になる菌の数や、だ液の量などを測定します。

カリエスリスクの高い人は、正しい歯磨きをしたり、生活を改善することで、口の中の状態を随分改善できます。自分の口の中を知ることが予防のスタートです。

ムシ歯の原因

歯の表面に付いているプラーク(歯垢)は、細菌の塊です。その中でも特にムシ歯に関与する細菌はミュータンス菌やラクトバチラス菌です。これらの菌は、お口の中に入ってくる飲食物から栄養分になる炭水化物や砂糖などを菌体の内部に取り込み、これらを分解して「酸」を排泄します。この酸によって歯の表面のエナメル質が溶かされます。これを「脱灰」といいます。しかし、唾液にはその酸を中和する力「緩衝能」や抗菌作用、又、脱灰された歯を修復する「再石灰化」作用があります。飲食のたびにお口の中ではこの「脱灰」と「再石灰化」が繰り返されていますが、脱灰している時間が長引くと歯に穴が開き、ムシ歯になってしまいます。

唾液の質と量

唾液には様々な作用があります
1) 口腔内の細菌や食べかすを洗い流す
2) 歯質を保護する 再石灰化作用 希釈・中和作用
3) 咀嚼・嚥下の補助作用
4) 抗菌作用など
このテストでは特に唾液の流出量と中和力を調べます。唾液の量が多いほど、お口の中に残った食べかすを洗い流したり、唾液中に含まれるカルシウムやリンによって再石灰化(一度溶け出したエナメル質を修復する)を促す力が強いと言えます。

DMFT

下記に該当する歯の合計数のことをいいます
D(Decayed):現在虫歯になっている歯
(missing):過去に虫歯によって失われた歯
(Filling):治療済(虫歯の為)の歯
過去にムシ歯によって失われたり、治療した歯の本数や現在のムシ歯の本数を診て、お口の中がムシ歯になりやすい環境であるかどうかを調べます。即ち、過去からテストを行った現段階まででのムシ歯リスクがわかります。

フッ化物使用状況

フッ素を利用することにより、下記のような虫歯予防効果が期待できます
1) エナメル質の再石灰化促進
2) エナメル質脱灰抑制
3) 歯質を耐酸性にする
4) 抗菌作用

フッ素の利用方法には
1:天然に存在するもの(ex:お茶・わかめ・のり・海藻類・魚介類など)
2:歯科医院で塗布するもの
3:自宅で使用するもの
歯科医院で用いるフッ素は高濃度もので、半年に一回くらいの割合で塗布します。
又、自宅で用いるものは低濃度の専用フッ素ジェルやフッ素配合の歯磨き粉です。
これらは基本的には毎日使用します。
このプロフェッショナルケアとホームケアの2本柱をうまく両立させることで、予防効果が期待できます。

プラーク蓄積量

歯の表面に付着しているプラーク(歯垢)には約85〜90%の悪玉菌が住んでいます。この菌が口腔内に残存している食べかすや糖を取り込み、酸を作ります。この酸が虫歯の原因となります。プラークがどのような状態で付着しているか、又付着している場所を診て、ムシ歯リスクを調べます。

飲食回数

飲食回数や間食回数を言います。1日5回以上の飲食は虫歯リスクを引き上げます。口腔内は唾液の作用により常に中性を保とうとしていますが、飲食回数が増えることにより口腔内の環境が酸性に傾く時間が長くなり、その結果歯の表面のエナメル質が溶け出していきます。飲食後の酸性に傾いたお口の中を唾液が中和しようとしますが、飲食回数が頻回になることで、それが間に合わなくなり必然的に酸性状態が長引いてしまうのです。即ち、飲食の量ではなく回数が重要であるということです。

ミュータンス菌の数

お口の中に住んでいる悪玉菌には実に様々な種類のものがありますが、虫歯を引き起こす菌と歯周病を引き起こす菌とに大別することができます。そのムシ歯発症に関与する細菌数種のなかで、ここではミュータンス菌の数を調べます。正式にはストレプトコッカス・ミュータンスと言い、お口の中に住んでいます。この菌は口腔内に入ってくる砂糖をブドウ糖と果糖に分解し、前者を用いてねばねばとしたプラークの柱(不溶性グルカン)を、後者を用いて酸を産生します。この菌が「虫歯のとっかかり」を作る菌です。本来、生後間もないあかちゃんのお口の中にこの菌は存在しません。成長過程で主に両親や近親者からの口移しや同じ食器を使った飲食、キスなどから感染します。

ラクトバチラス菌の数

ミュータンス菌によって「虫歯のとっかっかり」が出来た後、虫歯の進行に関わる菌です。飲食の回数や内容、お口の中の清掃状態によって、これらの菌量は変化します。

唾液緩衝能

唾液がもつ、ムシ歯への抵抗力がどれくらいあるのかを調べます。飲食後、唾液が酸性に傾いたお口の中を中性に戻す働きのことを緩衝能と言います。この働きが弱いと飲食後のお口の中の環境が、酸性に傾く時間が長引く為に歯の表面のエナメル質が溶かされていき、ムシ歯リスクが高まります。緩衝能を上げる方法としては、良く噛んで食事をすることです。良く噛み、唾液腺を刺激することにより中和力の高い唾液が出てきます。又、唾液量も増加します。

このページのトップへ