カボダイアグノデント(デジタルむし歯診断器)

デジタルむし歯診断器

「技」と「勘」に頼るだけの診断のままで良いのでしょうか?カボダイアグノデントは視診の2倍の確率で、 痛みもなく、歯質変化を発見し、数値化して正確な診断を助けます。

心臓なら心電図を用いて状態を把握するように、歯の状態も数値化して正確に把握することが、 これからの常識と考えます。カボダイアグノデントなら今までの審査の流れを変える事なく、 レーザーで正確に診断します。


デジタルむし歯診断器の特徴

針でつつかずにむし歯を診察

かつて「虫歯かな?」という部分に針をグリグリと差し込んで診断していました。 虫歯になりかけの歯を歯科用の針で突き刺すと 歯が傷つきかえって虫歯が進行してしまうことがわかってきました。   ダイアグノデントは針を刺さずにレーザーをあてて虫歯の生産物を見分けて虫歯の度合いを測ります。だから歯を傷つけません。

むし歯の度合いを数値で表示

ダイアグノデントなら経過観察中の初期虫歯が進行しているのか、それとも治ってきているのか数値で経過を追うことができます。

深い溝もお見通し!

ダイアグノデントはこれまでに診断がつきにくかった針さえも入らないような深い溝の部分の虫歯を正確に診断できます。 これまでのやり方では見落としていたような初期虫歯も見逃しません。

デジタルむし歯診断器の特徴


デジタルむし歯診断器の使用基準

デジタルむし歯診断器
診断を受けてみませんか?

・歯の表面が白くなって溶けかけているのが気になる方
・歯の溝の着色が気になる方
・詰め物の緑の色がおかしいと気になっている方
・とにかくむし歯が気になる方

気になる症状がある方は、院長またはスタッフにご相談ください。


このページのトップへ